顔の日焼け止めは本当に面倒だ!

紫外線から肌を守るために日焼け止めは絶対に欠かせないものですが、顔に日焼け止めを塗るっていうのは非常に面倒ですよね。

腕や足だったら特に化粧もしてないし塗りやすいので簡単なのですが、顔に塗るとなると化粧のことも考えないといけないし、塗り忘れた部分があると後から大変なことになるし・・・と心配が尽きません。

 
そこで最近人気が出ているのが、紫外線対策と美白とスキンケアを同時にできる美容液。

これだといくつもの化粧品や日焼け止めを何度も重ね塗りする手間が省けますし、何より日焼け止めの効果がしっかりしているのがうれしいですね。



日焼け止め兼用の化粧品だとどうしてもSPF30くらいのものが多いですから、真夏の強い日差しには全く対応できないということがこれまでは多かったので・・・。

単純な日焼け止めでSPF50のものだと塗り直す時に肌ダメージが増えますから、この美容液のように朝一度塗るだけという形にしたほうが肌にとっては優しいです。



こちらをクリック ⇒ WHITISSIMO

 

使う必要が無い人

  • ほとんど外出することがない人
  • いくら夏の日差しがキツいからといっても、ほとんど外出することがない人の場合にはこの美容液を使う必要はないと思います。

    買い物は全部宅配、たまに出かけることはあってもタクシー&地下鉄で歩く場所は全部高級デパートの中・・・なんていう感じのマダムだったらわざわざ顔に強い日焼け止めを使う必要はないでしょう。

    確かに一日中家の中にいたとしても窓からの紫外線は入ってきますが、それだったらもっと弱めの日焼け止めで十分対応できるんじゃないでしょうか?

    まぁ、そんな優雅な暮らしができるんだったら最初っから窓も紫外線防止のものになっているのかもしれませんが・・・私はそんな金持ちではないのでそういった生活が想像できませんね。

  • 極端な化粧品ジプシー
  • 長年化粧品ジプシーを続けているという人の中には、もったいないので買ったやつはとりあえず全部使い切るという人もいますよね。



    ちょっと使ってすぐに捨てるとお金がかかるのでそれでもいいかもしれませんが、この美容液はいくつも化粧品を組み合わせて使った時に日焼け止め効果が落ちてしまうということもあるようです。

    いろんな化粧品を取っ替え引っ替えしてしまう傾向にある場合には合うか合わないかわからないので注意が必要だと思います。

    逆に、普段からほとんど化粧をしていないとか薄塗りだという人は全く問題無いでしょう。

使うべき人

  • しっとり感のある日焼け止めがほしい人
  • 一般的な日焼け止めの場合にはものすごくサラサラ感があって塗っている感じが全然しなかったり、逆にベタつき感があってしばらくの間すごく不快な感じになることが多いんですよね。

    特にベタつきがある場合には正直顔に塗るのがためらわれてしまうので、中途半端に塗ってしまって結果的に顔の日焼けがすごいことになった・・・ということで自宅の洗面所にはカーマインローションが常に置いてあるという人もいるでしょう。

    暑い季節にはもちろん塗り直しは必要になるのですが、保湿効果を同時に考えられているので使った時のしっとり感が良いという人が多いようです。

  • とにかく面倒くさがりな人
  • 1日に何回も化粧直しをしたり日焼け止めを塗りなおしたりするのって面倒ですよね。だからと言ってその手間を省いてしまうとすごい顔になったり日焼けしてしまったりということに・・・。

    スキンケアと日焼け止めを同時に実現できますから、これで多少は化粧と日焼け止めの手間を省くことができるでしょう。


    面倒くさがりというわけではないけれども仕事や家事などが忙しすぎて自分のケアをしている時間が全然ないというあなたにも良いでしょう。

  • よく伸びるタイプがほしいという人
  • 最近は夏に暑くなりやすく、紫外線も年を追うごとにどんどん強くなってきている印象があります。

    全然伸びないタイプの日焼け止めを使っていると、ワンシーズンで何本も使い切ってしまうので結局はお金が多くかかってしまうということになりがちです。

    よく伸びるタイプですから夏の期間の日焼け止めは顔と体これ1本だけで間に合うという人も多く、美容液を使わなくても良いということを考えるとコスパにもかなり優れています。

    使っている人の口コミを見ると、日焼け止めやスキンケアとしての効果よりも、こうした費用面を重視して使っているという人がかなりいるような気がします(汗)

注意するべき点は?

使用する時に注意してほしい点としては以下のことがあります。

・毛穴に詰まりやすい人もいる
・冬期間には無理して使わない

毛穴に詰まりやすい人もいる

これは個人差が当然あるのですが、使った時に毛穴に詰まりやすい人もいるようです。特に鼻周り。

もっとも他の化粧品や日焼け止めを使っていても同じことなんですけど、洗顔や入浴を念入りにする必要があるでしょう。

冬期間には無理して使わない

スキンケア兼用の日焼け止めとしては珍しくSPF50タイプなのですが、逆に冬期間に使うのはあまりオススメできません。

紫外線対策は一年中必要なんですけど、日差しのそれほど強くない時期に強力な日焼け止めを使うと逆に肌へのダメージを増やしてしまうことになります。

冬の間はもうちょっと弱い日焼け止めを使うとか帽子をかぶるとかの対策に切り替えたほうが良いでしょう。

紫外線と日焼け止めの知識

とりあえず効果的な日焼け止めを使うということが大前提なのですが、それに加えて紫外線と日焼け止めの知識を持っておくということは重要です。

知っているのと知らないのとでは同じ化粧品や日焼け止めを使っていても得られる効果に大きな差が出てきますし、一度わかってしまえば後は苦労しませんから覚えておくと良いこともたくさんあります。

数時間おきに塗り直す

これは女性であればほぼ常識のようなことではあるんですけど(逆に男性は知らないでしょう)、わかっていても面倒くさいので塗り直さないという人は多いです。特に顔。

問題なのは日焼け止めをしっかり使いたいという時っていうのは海やプールなどの水場が多いということなんですよね。

どんなに「落ちない」ということをウリにしている日焼け止めであっても水で取れてしまう性質を持っています。というか、落ちなかったら自分で落とせないということになるので逆に大変です。

こういった場所に出かける場合にはいつもより入念に塗り直しをする必要がありますね。屋内でデスクワークという場合にはそれほど何回も塗る必要はないのですが。


また、海やプールに入らない場合でも汗をかいてしまえば同じことですので油断しないように・・・。

古い日焼け止めは使わない

どんな物であってもなるべくケチケチ使ってお金を節約しようと考えたくなるものなのですが、日焼け止めの場合には悪い影響が出るケースが多すぎます。

薄く塗りすぎて効果が出ない

節約して使おうと考えると、どうしても使う量が少なくなりがちです。

歯磨き粉だったら一生懸命磨くことによって量の少なさをカバーできるかもしれませんが、日焼け止めの場合にはただ単に効果が薄くなるだけですよね。

しかも、薄く引き伸ばして何とか広い範囲に塗ろうとするあまり、肌に擦り込みすぎて肌の内部がダメージを受けることもあるんですよ。

品質が悪くなることがある

当たり前のことなんですが、去年のものや一昨年のものを取り出してきて使う場合には品質が劣化してしまっているということを考えなければなりません。

製造メーカーでは普通1シーズンで使い切ることを想定して作っているわけですから、1年間放置された場合には本来の紫外線防止効果を十分に発揮できないということが考えられます。

ですから、日焼け止めや日焼け止め配合化粧品を使う場合にはそのシーズンで使い切るくらいに思い切ったほうがいいですね。


成分配合によっては次の年に持ち越しても大丈夫な場合があるかもしれませんが、それは結局余計な成分を配合しているわけですからスキンケアの観点から言うとあまり良いことではありませんね。

雑菌の繁殖に繋がる

手に取って使うものですから、使用しているうちにパッケージの中に雑菌が入ってしまうこともあるわけです。短期間で使いきればほとんど影響はないですけど、ケチって使った場合には半年や1年間そのままの状態が続きます。

肌が丈夫な人だったら全然平気でしょうけど、人によっては繁殖した雑菌の影響で肌がボロボロになってしまうなんていうこともありますよ。

日焼け止めを塗るのは時間に余裕を持って

塗った直後から紫外線防止効果が十分に発揮されるというわけではなく、肌に日焼け止めが馴染むまでには多少時間がかかってしまうんですね。

ですから、日焼け止めを顔や手足に塗ってから本来の効果が出るまでには数十分はかかると考えてください。

海とかプールとかテーマパークに行くときっていうのは、どうしても到着後に日焼け止めを塗ってしまうんですけどそれだと遅いんですね。私も反省・・・

 

やけど状態の日焼けをしてしまった時の対策

とにかく冷やす。氷でも保冷剤でもなんでもいい やけど状態のような日焼けをしてしまったという場合には、まずはとに・・・

日焼け後のケア。痛いくらいの状態でやるべき事・やってはいけない事

日焼け後に痛い時のケアでやるべき事 日焼けしてしまって痛い時には、その後のケアを間違えるとけっこう大変なことに・・・

日焼け後のケアについて。間違った美白ケアをしている女性は多い!

日焼けした直後にやるべきケア 夏の日差しが強い時期にはいくら気をつけていても多少は日焼けをしてしまうものなので・・・

日焼け止めを塗る量はケチらない。塗り直すことも大事

お金がかかるからケチケチ使いたくなるのが日焼け止め 美白のためだったりシミを作らないためだったり、ほとんどの人・・・

日焼け止めの顔への正しい塗り方。あなたは間違っていませんか?

メイクをする前に日焼け止めを塗るのが基本 夏の暑い季節にはちゃんと顔に日焼け止めを塗っているという女性がほとん・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ